ブログ

チップ文化

外国のチップ相場とは?日本でチップを渡す場合は?

2021.7.12

チップを渡す女性

チップを渡す文化

日常のさりげないサービスへの対価、そしてお礼の気持ちを込めてチップを渡す。そんなチップ文化が日常となっている国も多くあります。

チップが習慣となっている国を訪れた際、どれくらいのチップを渡せば良いのでしょうか?それぞれの国ごとのチップ相場を見ていきましょう。

外国でチップを渡すシーンについて

  • レストランで料理や飲み物を提供してもらったとき
  • タクシーを利用したとき
  • ホテル宿泊時のベルボーイやハウスキーピング、ルームサービス
  • バーでドリンクを頼んだとき
  • ツアーガイドを利用したとき

チップを渡すシーンとしては、以上が一般的です。中には、トイレを利用した時にもチップを支払う国もあります。

諸外国のチップ相場とは?

アメリカ圏

アメリカ圏は、チップが日常となっている国です。日常生活のさまざまな場面でチップが渡されています。その中でも以下のチップ相場が一般的です。

  • 「レストラン」代金の15~20%(ビュッフェでは10~20%)
  • 「バー」1ドリンクにつき1ドル
  • 「タクシー」代金の15%~20%
  • 「ツアーのガイド」代金の10%
  • 「エステやネイル美容サロン」代金の20%
  • 「ホテルのベルボーイやハウスキーピング」サービス内容により1ドル~5ドル

ヨーロッパ圏

ヨーロッパ圏では、チップ文化が国によって違います。

イギリス

チップを渡すシーンはアメリカとほぼ同じです。ただし、アメリカのチップはスタッフの給与にあたりますが、イギリスのチップは心付けとしての意味合いが強くなります。チップ相場も、アメリカより少し低い場面も多いようです。

フランス・ドイツ

フランスやドイツでは、チップにあたる金額がサービス料として含まれているパターンがほとんど。でも、お礼の意味でチップを渡す習慣は、日本よりもはるかに浸透しています。お礼としてチップを渡す場合、代金の5~10%を目安にすると良いでしょう。

イタリア・スペイン

イタリアやスペインでは、チップの習慣がそれほど強くありません。ただし、フォーマルな飲食店でサービスのお礼として支払う場合は、代金の5%~10%程度が目安とされます。

中東

ドバイなどの中東圏では、もともとチップ文化はありません。しかし、外国人労働者の定着からも、チップを渡すシーンが多くなっているようです。サービスへのお礼として渡す場合、他国の目安と同じく利用代金の10%程度が一般的とされます。

アジア圏

韓国や中国などのアジア圏では、生活の中にチップの習慣はありません。つまり、現在の日本と同じ考え方です。しかし、場面によってはお礼としてチップを渡す場合もあります。心のこもったサービスに「お礼をしたい」と考えるのは万国共通のようです。

日本でもチップを渡すシーンがある

旅館の仲居

日本にいると身近に感じられないチップ文化。でも、日本にもチップを渡すシーンはあるのです。

日本でのチップの意味

アメリカのチップは、スタッフの給与としての意味合いが強くなっています。サービスに対する報酬としてチップを受け取る訳です。

日本では、サービスに対価を支払うという意識はないかもしれません。でも、気持ちの良いサービスをしてくれたスタッフに、お礼の意味を込めてチップを渡すシーンは見られます。日本でのチップとは「対価」ではなく「お礼」としての意味が強いのです。

旅館

旅館の仲居さんにはチップを渡したことがある。そんな方も多いのではないでしょうか?日本では一番身近なチップの実例かもしれませんね。旅館では、部屋ごとに担当の仲居さんがつくことが多く、サービスも身近に感じるはず。

お部屋の案内から食事出し、布団の準備までしてくれる仲居さん。そんな優しいおもてなしに、おもわずチップを渡したくなる方も多いのでしょう。

飲食店

日本の飲食店でもチップは登場します。フォーマルなレストランやカウンターで料理を提供する高級店では、スタッフとお客さんの距離が近く、チップを渡しやすい雰囲気になることも。

一品ごとに丁寧に説明してくれたり、会話をはさんで楽しませてくれたり。心のこもったサービスに、チップでお礼を伝える機会も多いようです。

冠婚葬祭

結婚式や葬儀でもチップを渡すシーンがあります。セレモニー担当者や送迎バスのドライバー、着付けや美容スタッフなどに心づけを渡すのです。当日を切り盛りしてもらうお願いと、感謝の意味が込められます。

冠婚葬祭では、サービスやもてなしを受ける前にお礼を渡すというケースも多いでしょう。日本ならではのチップのかたちかもしれませんね。

その他のシーン

筆者も、今まで経験した職場の中でチップを頂いたことがあります。参考までにご紹介を。

  • テーマパークのアトラクションスタッフをしていた際に、お子様への対応に感激された親御様からチップを頂きました。
  • カウンターのある寿司屋で、お得意様の送迎をした際にチップを頂いたことも。
  • リゾートホテルのルーム担当をしていた頃、お部屋出しの料理提供時にチップを何度も頂きました。
  • ウエディングプランナーとして結婚式をお手伝いする際、ご両家の親御様からチップを頂いたことがあります。
  • イタリアレストランでホールアルバイトをしているときに、外国人観光者からチップを頂きました。

自分がしたことへのお礼を、チップで頂けたときの感激は今も忘れられません。次のお客様にも笑顔でおもてなしして喜んでもらおう! そんな前向きな気持ちになれたことを覚えています。

チップに想いを込めて

日本では馴染みの浅いチップを渡す習慣。諸外国では、日々の生活に溶け込んでいる素敵な文化です。チップを渡す瞬間には、人と人を結ぶ愛おしいコミュニケーションが生まれるはず。

チップを渡す方の優しい気持ちは、受け取った方の元気へとつながっていきます。人と人をつなぎ、元気にさせてくれるチップ文化。ぜひ日本にも広めてみませんか?

チップを通じて日本を元気にしたい。そんな温かい活動が日本でも始まっています。働く人を応援するTIP PROJECT。ぜひ皆さんもご覧になってみてください。

知り合いのお店に
おすすめする

登録する
無料相談